ブックマークに追加する

次世代DVDはブルーレイ or HD DVD?

次世代で主流になるのは『HD DVD』or『ブルーレイ』どちらでしょうか?ふたつの方式にはそれぞれ良いところと悪いところが存在します。使う側の視点からすると「どちらでもいい」というような話かもしれません。しかし、開発メーカーにとっては、特許料を「得るか」、「支払うか」では大きな差があるため、両陣営ともそう簡単に譲る訳にはいきません。ここはコンテンツを供給するハリウッドの映画会社の支持を得ることによって、優位に立ちたいところです。
2005年は依然対立したままとなり2006年には、両方式のディスクを録画再生することが可能な機器が登場し、その後、コストや利便性といった面において、使い手に支持された一方が生き残るのではないかとの考え方が一般です。「使い手の支持」という点では、ディズニーが『ブルーレイ』での映画ソフト発売を明確に発表したり、次世代プレイステーションが『ブルーレイ』の採用を発表をしている事から、『ブルーレイ』が頭一つ抜き出ていると見ています。

CDが登場した後、より大容量で映像の扱えるDVDが普及し、そしてまた、より大容量でハイビジョン映像を記録することが可能な『ブルーレイ』や『HD DVD』へと進化しようとしています。もちろん、ホログラムディスクといった現在もさらに新しく、より大容量となるメディアは開発されています。既に『オプトウェア』は、2006年にもさらに次世代の大容量光ディスク『ホログラムディスク』(HVD)を投入するとの事で、注目を集めています。日進月歩のデジタルAV、次世代のホログラムディスクを「待つ」べきか、それとも「いま買う」べきか、「買い時」の判断はしばらくは難しいと思います。

トップ > 日記 > 次世代DVDはブルーレイ or HD DVD?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。