ブックマークに追加する

ブルーレイとHD DVDの違い

HD DVDとブルーレイの違い

     ブルーレイ HD DVD
大容量    ○    ×
コスト     ×    ○


                  ブルーレイ        HD DVD         従来のDVD

記録・再生の光源                青紫色レーザー            赤色レーザー
ディスク直径                           12cm
ディスクの厚さ                          1.2mm

ディスク表面から記録層の距離     0.1mm               0.6mm
最大記録容量/1層           27GB          20GB           4.7GB
最大記録容量/2層(録画時間)     54GB(約6.5時間)    32GB (約4時間)     8.5GB (-)
保護カートリッジ              あり(現在)            なし
詳細情報       ソニー ブルーレイテクノロジー   HD DVDプロモーショングループ    -

*最大記録容量は、書き換え可能メディアの目標数値となっています。将来の規格値と異なる場合があります。

*最大録画時間は、地上デジタルハイビジョン放送(最高画質/17Mbps)録画時の目安となっています。


『ブルーレイ』は、大容量性が魅力となっています。1枚で200GBもの記録が計画されており、将来に渡って使い続けることのできる素質がHD DVDとは違います。一方、『HD DVD』は、現在のDVDの延長線上にあり、機器やディスクの製造に多額の投資が不必要とされているため、コスト面でブルーレイより有利と考えられています。

2種類の方式が存在する「メリット」
ビデオデッキが登場した当時も、『ベータ』と『VHS』という、異なる2種類の規格が存在しており、録画テープを買うときであったり、レンタルビデオを借りるというときには注意を必要としました。こういった経験から、「規格争い=悪」というように報じるメディアも多く、そういった印象、メリットがないという考えを持っている人も少なくないでしょう。ですが、異なる方式が競争しなければ、さらなる高性能化、低価格を期待することは不可能です。こう考えれば規格争いにもメリットがあります。


トップ > 日記 > ブルーレイとHD DVDの違い

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。